アンティークスポットライト–マジョリカ


マジョリカは、エナメルでコーティングされ、絵の具で装飾され、艶をかけられた、色彩豊かで重量級の粘土陶器です。最初の作品はスペインのマヨルカ島で作られ、商船でイタリアに輸出されました。イタリア人はそれを「マイオリカ」と呼び、現代では「マヨリカ」になりました。

葉、魚、木などの自然なパターンがマジョリカの陶器のデザインを支配しています。ブラウン、グリーン、ブルーはスタイルの特徴です。エナメル質がまだ乾燥していないときにピースが塗装されるため、色の流れを防ぐために繊細なタッチが必要です。完成品は透明なgl薬で覆われ、焼成されます。

マジョリカは自然に似せて描かれているだけでなく、これらの作品に命を吹き込むレリーフテクスチャで形作られていることがよくあります。皿は葉のような形をしており、鳥はコンポートの端にとまり、ブドウの木はピッチャーの柄になります。マジョリカは気まぐれでユニークです。

アメリカのマジョリカは、少なくとも10の異なる工場で生産されていた1880年代に登場しました。長年にわたり、多くのさまざまな企業がマジョリカを生産してきました。名前は特定の製造業者や地域ではなく、陶器の種類を指します。

ロゼビレ

ローズビルの陶器は、マジョリカといくつかの特徴を共有していますが、通常、より柔らかいカラーパレットを使用します。自然は、特に植物、動物、鳥など、依然として主要なデザインテーマです。

Roseville Pottery Companyは、1892年にオハイオ州ローズビルにあるGeorge F. Youngによって設立されました。 1898年、同社はオハイオ州ゼーンズビルの新しい大規模施設に移転しました。豊かな粘土の堆積物で、このエリアは陶器に適していました。初期の作品は「Rozane」または「Rozane Ware」という名前で作られ、後のローズヴィルの作品とは異なる光沢のある茶色と青を使用していました。これらの初期の作品は、RosevilleのライバルであるRook​​woodに似ていました。

より独特なスタイルは、Rosecraftと呼ばれる新しいラインで1920年代初頭に発展し始めました。 1926年、ジョージヤングの息子ラッセルが事業を引き継ぎ、ローズビル陶器または「中期」ローズビルとして知られるものを作りました。パターン1931年のシエナまたは青い松ぼっくりは、ローズビルのシグネチャーが各ピースの底に印象付けられた最初のものでした。この期間の人気パターンには、Thorn Apple、White Rose、Zephyr Lily、Snowberry、Peonyが含まれていました。花柄は特に今日収集可能です。


来週は、Gaudy Dutch、Adams、Victorian Chelsea、Spatterwareなどの初期の中国を探索します。

シーリングスポットライトのレダ(LEDA)をキッチンにつけてみた!オシャレ&コスパがすぎる (10月 2022)



タグに関する記事: アンティークスポットライト–マジョリカ、博物館、マジョリカ、ローズビル、陶器、中国、スペイン、スペイン

魔術師は解決策です

魔術師は解決策です

趣味と工芸

コイン収集本

コイン収集本

趣味と工芸

人気の美容投稿

没薬の歴史と使用
ホーム&ガーデン

没薬の歴史と使用

糖尿病食
フード&ワイン

糖尿病食

チーズケーキのレシピ集

チーズケーキのレシピ集

フード&ワイン