コンピューター

HTMLフォントタグ

九月 2020

HTMLフォントタグ


このチュートリアルの第2部では、HTMLフォントタグを使用してWebページ上のテキストの外観を制御する方法について説明します。

レビュー:
HTML Basicsシリーズの以前のチュートリアルでは、Webページの外観を制御するために、HTMLタグを使用してWebブラウザーと通信することを学びました。そして、このチュートリアルの最初の部分では、書体またはフォントと、Webページの書体またはフォントを選択する方法について学びました。


次に、HTMLフォントタグと、フォントタグを使用してWebページ上のテキストの書体(フォント名)、サイズ、色を制御する方法について説明します。フォントタグの例を見てみましょう。


color = "#c00000">例1
注意 - 矢印 は、コードが2行目にラップされ、実際にはすべて1行である必要があることを示します。

<左山かっこ
フォント素子
この属性は、テキストの書体またはフォント名を制御します。
サイズこの属性は、Webページ上のテキストのサイズを制御します。
この属性は、テキストの色を制御します。
>直角ブラケット


ほとんどのHMTLタグと同様に、フォントタグには開始タグと終了タグがあります。開始()と終了()フォントタグの間のテキストは、そのフォントタグによって制御されます。フォントタグの属性に異なる値を指定することにより、Webページ上のテキストのセクションを一方向に表示し、別のテキストのセクションにまったく異なる外観を与えることができます。

フォントタグの最初の属性は、face属性です。これは、書体またはフォント名の選択を指定するために使用する属性です。この例では、Webで一般的なフォントであるComic Sans MSを選択しました。したがって、等号の右側で顔属性の値をComic Sans MSに設定します。名前を優先順にリストし、コンマで区切ることにより、複数のフォント名を指定できます。


サイズ属性は制御に使用されます。あなたが推測したのは、ウェブページ上のテキストのサイズです。 7(最大)から1(最小)までの数字を使用できます。これは、絶対フォントサイズ設定と呼ばれます。相対フォントサイズ設定については後で説明します。等号の右側にあるサイズ属性の値を変更することにより、テキストのサイズを制御できます。

フォントサイズ1
フォントサイズ2
フォントサイズ3
フォントサイズ4
フォントサイズ5
フォントサイズ6
フォントサイズ7
次へ→

|


【初心者向け】中卒が教えるHTMLタグ『覚えておく必要があるタグと覚える必要が無いタグをサクッと教えます』テキストタグ、フォントタグ編 (九月 2020)



タグに関する記事: HTMLフォントタグ、HTML、HTMLフォントタグ、フォント形式、html形式、htmlテキスト形式、フォント属性、フォントフェイス、フォントサイズ、フォントの色、HTMLの基本、htmlレッスン、htmlチュートリアル、htmlオンラインクラス、HTML Basicシリーズ、チュートリアル、HTML、XHTML、DHTML、ホステッドCGI、ウェブホスト、ドメイン、ドメイン名、FTP、JPEG、GIF、CSS、操作方法、カスケードスタイルシート、css